カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目のキーワード
RSS

結納の形式・口上と進め方

下記はあくまでも参考例ですので形式にとらわれず、お二人又は両家のニーズにあわせて素晴らしい結納式を
お楽しみください。

結納形式・口上と進め方
男性の父親
『本日はお日柄もよろしく、婚約のしるしに結納の品々を持参いたしました。幾久しくお納めください。』と述べ、
”目録”などを入れた広蓋を差し出します。

女性の父親
『ありがとうございます。幾久しくお受けします。』と受け取ります。
女性側は別室に移り、目録を確かめます。
男性側の広蓋”受書””お多芽””お多芽紙”を乗せ、『受書でございます。お納めください。』と述べ、男性側に渡します。

男性の父親
『拝見します。』と延べて受け取り、受書を確認します。『お受け取りいただき、ありがとうございました。』と挨拶します。
※別室に移らず、その場で確認する場合もあります。

男性の父親
『婚約が整い、ありがとうございます。今後ともどうぞ宜しくお願いします。』と挨拶を述べます。
※この後、両家が簡単な挨拶を交わしたり、二人がお礼の挨拶をするのも良いでしょう。

歓談
桜湯やお千菓子などで歓談し、頃合いを見計らってお祝膳を出します。
会食
女性の父親が『行き届きませんが、二人の婚約を祝って乾杯したいと思います。』などと音頭をとって会食に誘います。

結納形式・口上と進め方
男性の父親
『本日はお日柄もよろしく、婚約のしるしに結納の品々を持参いたしました。幾久しくお納めください。』と述べ、
結納セット(目録などがある場合は両方を)差し出します。

女性の父親
『ありがとうございます。幾久しくお受けします。』と受け取ります。

どちらかの親
『二人の婚約が成立し、おめでとうございます。』と祝いの言葉を述べます。
※この後、両親が簡単な挨拶を交わしたり、二人がお礼の挨拶をするのもよいでしょう。

歓談・会食
歓談の後、頃合いを見計らってお祝膳を出し会食を行ないます。

結納形式・口上と進め方
男性の父親
『本日はお日柄もよろしく、婚約のしるしに結納の品々を持参いたしました。幾久しくお納めください。』と述べ、
婚約指輪を差し出します。

女性の父親
『ありがとうございます。幾久しくお受けします。』と受け取ります。

どちらかの親
『二人の婚約が成立し、おめでとうございます。』と祝いの言葉を述べます。
※この後、両親が簡単な挨拶を交わしたり、二人がお礼の挨拶をするのもよいでしょう。

歓談・会食
歓談の後、頃合いを見計らってお祝膳を出し会食を行ないます。